風俗でフェラをしながら

挿入しましたが

デリ嬢の乳首の先端を
「なんだよ!歌えばいいのによぉ少し残念そうだった。「また今度」次は歌うから適当に返事をした。セフレが歌い終わると次は彼女が歌い始めた。おー彼女もうまいじゃん裕ちゃんが彼女に言った。その瞬間だった。彼女の顔が溶けちゃうくらいニヤけた。

デリヘル嬢は乳首をまさぐり

「本当素直な奴」私はボソッと言い笑った。それから裕ちゃんも他の男もみんな歌うと、歌ってないのは私だけ。それをまたすぐに裕ちゃんが言ってきた。「おーい」実花もはやく歌って「私はいいの」「えーダメだよ!!歌えって」めんどくさい男。私、裕ちゃんみたいなテンションの男苦手。

 

アソコの中に沈めてゆく奥まで挿入し

そして店のドアを開けるため鍵を取ろうとした時だった...。..「店長もう帰ってきたのかなぁ?」ドアの鍵は開いて、フロントの奥でなにやら誰かと話しているようだった。私はソッと店に入るとゆっくり待機部屋に入った。そして聞こえてくる会話を聞いた。だからここはうちが買い取るから、それで借金チャラにしてやるよ!」借金?買い取る?私はすごく不安になった。そして聞こえてくる店長の声。

娼家を斡旋していたようだアナル
「じゃあうちの女の子はどうなるんですか?」「いいよ!そのまま使ってやるから!」「はあい」「まぁ、とりあえず社長の借金返してもらわなきゃこのまま社長は監禁したままになるわなその男は笑いながら言った。「えっはい」怯える店長の声。私もその会話を聞きながら恐怖で体が震えた。「じゃあまあ来週辺りからこの店も新しくリニューアルするからよろしく」。わかりました」「まあお前はそのまま店長として使ってやるから」「じゃあ、行くわ!」「あっはい」待機部屋のドアの隙間から見た男の顔。それはあの前の店の店長だった。

 

JKデリヘル嬢がオーガズムに到達するはずだった

「あのねぇヤスに裕ちゃんのこと聞いてきたんだ」「あっ本当」私の様子に彼女も何かを感じた。「落ち着いて聞いて欲しいんだけど」本当は結婚してたんだって」言いたくなかった言葉。私はセフレの顔を見る。セフレもその言葉に切ない顔をしていたすると電話の向こうでドンっと音がした。「えっ?彼女??」私はすぐに彼女に問いかけた。しかし返事が返ってこない「彼女!!大丈夫??彼女??」私は何度も名前を呼んだ。

エッチな奈緒

面と向かった女性を両手で抱きかかえながら挿入挿入「てかそれマジで??」「うん普通に自分でも認めたもん」「てか許せない!!」「でしょ?それなのに彼女と結婚するつもりとか言ってるんだよ?」「はぁ?今の奥さんと別れて?」「うん!!俺と彼女の問題だからとか言われて!」「悪すぎだよ!!だから私彼女にそのこと言ってあんな男と別れさそうと思ってて」「うん!彼女に話したの?」「いやそれがケータイつながらなくて」「何だよじゃあ今電話してみる」そしてセフレはテーブルの上に置かれたケータイを取ると彼女に電話をかけた。プルルルルル「あつ彼女?今大丈夫?ちょっと今実花に代わるから」彼女に電話が繋がった。そしてセフレが私にケータイを渡す。私は深呼吸をした。きっとこんな話をしたら彼女。ショックだろう。そう思いながらゆっくり話した。「あっ彼女?あのさぁ今日ヤスに会ってきたんだけど」「うん、どうしたの?」どうやらまだ裕ちゃんからは聞いていないようだ。