エッチしたい

していたのです風俗で下着を

デリ嬢の乳首の辺りで止まり
ムスコよ、生まれ変わりがあるならば、社交的なイタリア人のムスコになれ。などと、とりとめもないことをつぶやきながら、パソコンの無修正画像を食い入るように見ながら、ゆっくりシゴいてみた...。妻とのSEXがなくなり、自慰行為も、記憶は定かではないが、5年ぶり...。10代のころは、自慰行為をしなければ、寝られなかったのに、45歳を過ぎてからは、布団に入れば寝ている。しかし、深夜3時、4時におしっこに起きてしまうのが悲しい。

デリヘルの仕事に入って半年くらいで辞めて

ムスコを弄るだけで、いろいろな思い出が脳裏に浮かぶ。まさにムスコは性瞬「せいしゅん」のチンボルだ。張りのない年をとったムスコをシゴいてみるが、やはり勃ちが悪い。右手を、ムスコからマウスに持ち替え、パソコンの画像を変えてみる。出てくるわ、出てくるわ。無修正の女性のグロすぎるほど、よじれたアソコ。

 

チンチンの裏スジに垂れ流れてきました

そんな中、団地近くのファミリーレストランに注目。の井戸端会議の場と化していた。案の定、若い主婦からオバサンたちで満席そして席に着いた途端、一斉に集まる舌なめずりするよぅな女性たちの好奇に満ちた視0線なんだ、これは!?く周りを見渡すと、な、よこの店にいる男性客でオスは我々しかいない。アナタも人妾に狙われているそう、狙われているのだ。これは、みなさんも現地に行けば、体感できるはずだ。

風俗嬢のお尻をなおいっそう激しく動かしていきます太い腕のようなものが二人を結びつけているのがはっきり見えます
だが、すぐに人凄たちの熱視線が逸れた。そして「あ、00く「00くん、ん、こっち、こっち。お水持ってきてちょっと来てよ。いい話があるからさ彼女たちが黄色い声で呼び始めたのは、はアイドル扱いだ。大学生風の店員だ。野暮ったい顔立ちなのだが、ここでなかには、彼を自分たちのテーブルに座らせて、手を握ったり、ど。そのたび、困ったような照れ笑いを浮かべる若い店員クン。

 

エッチするためにそんなに時間をふける必要はない

その放心状態の中で、するような、奇妙な感覚が下腹に広がっていきます。「部長、ああ、なんだか、なんだか」「イキそうなのか?」「いえ、小便が、小便が」なんというか、小便を垂れ流しに部長は私のナニに手をやりました。「係長、おまえ、トコロテンか?」「おまえ、もうイッてるよ。ちくしょう、たまんねえ奴だな、俺も、そろそろ、くつ」部長はそれまでのゆっくりしたペースをやめ、急速にピッチをはやめました。私は片手で自分のナニを触り、たしかに汁が出ていることを確かめました。

セックスができるのだろうか

股間をさらけ出しました責任、とってくれよ」部長は荒い息遣いで、今にもイッてしまうんじゃないかと私は思っていました。ところがそれからがまた長かったのです。私のナニには手もふれず、ひたすら尻を掘って、ワイシャツの上から乳首をつまんだり、首筋に舌を這わせたり、くりかえしくりかえし、執拗なまでに責め続けました。私は先走りだらだら垂らしながら、ほとんど放心状態にまで陥りました。時間も場所もわけのわからぬまま、あえぎ続けるのです「ああ、うー、あああどのくらい時間がたったのでしょうか。