Press "Enter" to skip to content

家を有効的につかえるのでは丈夫

プラン依頼しよう

工事のお見積もりを取る場合
合板を貼り終えてしまえばひとまずロフト空間が出来上がりますが、合板を貼りっぱなしというのも味気なさすぎます.ロフトの床をどのように仕上げるか、というのも私のなかでばらくの間考え事ひとつたしかし、小屋の建築中に小型の発電機を購入し電動工具が使えるようになったことで、アイデアの幅が広がり、ようやくイメージが固まりました。
結局、ロフトの床は合板の上に杉板を貼ることにしました。ただ、床板にするような杉の化粧板はそれなりにお金もかかるので、ホームセンターで売っている杉の野地板を使いました。
野地板は表面加工のしていない荒材なので、床に使うには自分で表面を磨く必要がありますが、一坪分でだいたい2000Pくらいで売っているのでかなり安く上がリます。

木枠に溝を掘って、そこにガラスをはめ込むのが一般的だと思いますが、溝を掘るための電動工具を持っていなかったのだんな感じでつくりまた。
土台となる木枠の内側に細い木でさらに枠をつくり、その枠でガラスをサンドイッチしています。窓はこの作り方ですべてハンドメびしました。

ガラス屋さんで買った大きなペアガラスは、開閉しないはめ殺しの窓にしましたが、それも同じ要領でガラスを固定しています。
窓枠このすべて手作りの窓が壁の窓枠にぴったり収まらなければいけないわけですが、これがなかなか寸法通りには行きませんでした。
本来はすべての窓枠に2×6材を使う計算で壁の開口部を作っていたのですが、窓ガラスの枠のサイズに誤差が出たのかほとんどの窓が入らなかったので、1×6を使ったり合板を挟みこんだりして窓枠の厚みを調整する必要がありました。
これは予定通りの2×6を使った窓枠。
サイズ調整のために1×6と合板を使った窓枠。

開閉がスムーズに行くように窓枠に少し余裕を持たせたので、窓と窓枠の間にはすき間があります。
こうしたすき間は、枠を付けてふさぐことができます。
この枠があると、窓がぷらぷらしないでしっかりと固定して閉めることができます。

家なら買ったときからずっと同じ

最後に、取手とあおり止めを付けて完成です。
ドアの製作続いて、ドアの製作です。
壁パネルの製作段階で、窓と同様にドアのサイズも決めておく必要があります。
ドアの作り方もいろいろあると思いますが、作るのに手間がかからず、材料もシンプルにしたいという考えのもと、私の頭のなかにあったイメージを形にしたものが、2×4材を台座にして、1×4材をただ並べてくっつけただけのドアです。
ただ、これだけだと板と板の間にすき間があるので、コーキングを入れてくっつけました。

多少のゆがみはありますが、たったこれだけでそれなりに重厚感があり、見映えのするドアができました。
ドアの取手には鹿のツノを使いました。
した。

家で学んだたいへん重要なことのひとつとして


もうひと部屋ある家を有効的につかえるのでは丈夫このツノは山で頭骸骨ごと見つけたものをツノだけノコギリで切断して、いつか自分の小屋を建てたらドアの取手にしようと保管しておいたものですようやくその日が来ままた、我が家にはネコが一匹いるので、ネコ用のドアも作りました。

すべての窓とドアが入ると、ようやく外気と遮断された寒さのしのげる室内空間ができました。

ロフト

建物の床面積が約12畳で、その半分弱の広さのロフトを作りました。
ロフトの床根太には2×6を使用。
大体455mm間隔で9本入っています。
ツーバイフォー工法の仕様書では、2階の床根太には2×10を使用する決まりがありますが、この小屋はそんなたいそうな建物ではないし·ちょっとしたロフトくらいだった62x6e+かだうというしの肝な判断です。
床根太の上には12mmの構造用合板を貼りました。
床根太とその上にはった合板で、この建物自体の強度がさらにアップすると考えています。
ロフトがあることで建物咳度もアップし床面積も増えるので一石二鳥です。

家に住み続けることはできなく

合板を貼り終えてしまえばひとまずロフト空間が出来上がりますが、合板を貼りっぱなしというのも味気なさすぎます.ロフトの床をどのように仕上げるか、というのも私のなかでばらくの間考え事ひとつたしかし、小屋の建築中に小型の発電機を購入し電動工具が使えるようになったことで、アイデアの幅が広がり、ようやくイメージが固まりました。
結局、ロフトの床は合板の上に杉板を貼ることにしました。ただ、床板にするような杉の化粧板はそれなりにお金もかかるので、ホームセンターで売っている杉の野地板を使いました。
野地板は表面加工のしていない荒材なので、床に使うには自分で表面を磨く必要がありますが、一坪分でだいたい2000Pくらいで売っているのでかなり安く上がリます。

リフォームがマスコミなどで取りざ


出品していた日本の若手建築
この種の加工にはサンダーの方が向いているかもしれませんが、私はグラインダーを買っていたのでこれを使って磨くことにしました。

3坪弱の面積の板をすべてグラインダーで磨くのは結構地道な作業でしたが、見違えるようにきれいになっていく板の表面をを見るのはなかなか気持ちが良いです。
磨き終わったらロフトに収まるサイズにカットしながら床にはっていきます。
多少のすき間はありますが、ぱっと見はなかなかきれいな杉の無垢材のフローリングに仕上がリました。
これでロフトの完成です。

手前味噌ですが、予想以上に素敵な空間ができました。
ロフト階段ロフトができた当初は脚立を使って上り下りしていましたが、いつまでもそういうわけにはいかないのでロフトの階段を作ることにしました。
とある海外の小屋を紹介しているウェブサイトを見ていたとき、一本の角材を柱にした階段が目にとまり、シンプルでカッ当初はロフトの階段も、ツーバイ材で手っ取り早く作ってしまおうかと考えていましたが、コよかったのでそれを参考にさせてもらうことにしました。
角材ではなく製材していない一本の木を使いました。
敷地内の山の中には倒れた木がたくさんあります。
その中から丁度よい太さで状態の良さそうな木を選んで、必要な長さだけ切り、運び出してき柱となる木には、ました。

家と狭い土地に対して行われ方が固定

写真で見ると軽々運べそうに見えるかも知れませんが、広葉樹なので実際はかなりの重量で、一人で運ぶのはローブをくくりつけて引っ張って引きずってくるのがやっとでした。
皮は全部はがれていますが、木の表面は土がついて汚れていたので、全面的に削りました。

木の皮をむく道具を持っていないので、木の表面をナタで削ります。
一通り削ったあと、グラインダーでさらに削りました。
表面の加工が終わったら家のなかに運び入れて、床とロフトに固定し、ステップをはめ込む部分に、ノコギリとノミを使って欠きこみを入れていきます。
あまりゆるすぎてもステップを支えられないし、こみを入れることができました。
逆にキツすぎても入りません。
ちょっとキツいけど叩いたら入るくらいがベストですが、なかなか思うようにはいかないものです。


家を有効的につかえるのでは丈夫 LCDモジュール 設置には基礎工事地盤